インプラント治療計画

インプラント治療とは

インプラント治療方法と所要時間

インプラント治療は、歯の状態などを知るための検査の後に治療計画をし、手術に移ります。手術方法は、一回法とニ回法の2種類があります。一回法とは、手術を1回で終わらせるものです。この手術法の場合は埋め込む歯の本数にもよりますが、1本15分程度の時間でできます。短期間で終わりますが、全員がこの方法で手術できるとは限りません。ニ回法とは、手術を2回に分けます。2回目の手術は1回目で埋め込んだインプラントが固定された後に行われます。手術時間に関しては、1回目に10分程度、2回目に5分程度で一回法とあまり差はありません。しかし2回目の手術までに3~6カ月の期間が必要となります。一回法に比べ、ニ回法はほとんどの人が受けられる手術となります。

治療と所要時間について

インプラントは、世界中でいろいろなシステムが開発されているため、商品によって治療にかかる時間が異なります。早いものであれば手術してから3か月ほどで、遅いものであっても手術してから1年ほどで終えることが可能になっていて、医師と相談して、良いシステムを選んで手術をすることが大切になっています。インプラントは、1時間ほどの手術で大幅な治療を終えることが可能になっています。比較的短い期間で直すことが可能なものが多くなっていて、いろいろな人が行いやすいものになっているため、さまざまな人に人気が高くなっています。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラント治療とは. All rights reserved.